前へ
次へ

不動産を売る場合

不動産を売る場合、自分で買主を探せる場合は問題ないのですが、なかなか個人で不動産を購入する人を見つけることは難しいと思います。そんな時にはほとんどの人は不動産屋を間に入れて購入希望者を探してもらうようにするか、もしくは不動産などの専門業者に直接不動産を買い取りしてもらうことになるのです。しかし専門業者に土地や建物を直接購入してもらうことは出来るだけしない方がよくて、その理由は専門業者が不動産を仕入れてそれを売ることが目的なので、安く叩かれて購入されることになってしまうからなのです。不動産屋に土地や建物の売買をお願いする方法には専任媒介と一般媒介という方法があって、1つの業者に頼んで売買してもらうことを専任媒介といって、複数の業者にお願いすることを一般媒介というのです。

top用置換

top用置換2
Page Top